お知らせ

広島修道大学少林寺拳法部創立50周年記念祝賀会開催(ご報告)

日 時:2017年11月5日(日)
    12:00~15:00(受付11:30~)

場 所:メルパルク広島
    (〒730-0011 広島県広島市中区基町6-36)
対 象:大学関係者、少林寺拳法部OB・OG、部長、顧問、監督、現役部員及び関係者
内 容:(予定)
     12:00 第一部 少林寺拳法連盟設立50周年記念行事
     12:30 第二部 記念コンサート&演武
     13:00 第三部 懇親会
     15:00 記念撮影 解散

少林寺拳法部創部50周年記念大会を終えて

2017年11月5日(日)、メルパルク広島にて少林寺拳法部創部50周年記念大会を開催しました。約1年半前から実行委員会を作り、準備を進めてきました。
大会当日は、来賓に市川学長をはじめ松井大学同窓会長や榊田広島県少林寺拳法連盟理事長などを招いて100名超の記念大会を開催することができました。

創部した初代の方を含めた実行委員会では、「群れない、前例にとらわれない」を旨としてきた部のモットーに沿ってできるだけ内部の人材で開催しようと決めていました。

当日披露した演武は11月26日に、日本武道館で開かれる全国大会に出場する現役学生による団体演武と卒業生で今も少林寺拳法を続けているOB・OGのなかから選びました。
また、OGでジャズシンガーとして活動している女性に記念ライブをお願いしました。
もちろん司会も少林寺拳法部のOGです。

記念品にと作成した「修拳」という記念誌を手に取り懐かしい写真に見入り思い出を語り合う姿。
同期の仲間と久闊を叙しながら盃を酌み交わす姿。
最後に恒例の「少林寺拳法の歌」と「学生歌」を全員で合唱。
部旗とともに記念撮影をして散会しました。

初代で創部した実行委員は、挨拶のなかで「50周年記念大会をやるのでぜひ来てもらおうと部を立ち上げた当時の仲間を一人ずつ訪ねて歩いた。ある人は、病気だった。ある人は亡くなっていた。そうして一人一人尋ね歩いて本日、これだけのOB・OGが集まった。」と語りました。
そんな実行員会の熱意がOB・OGと現役合計数が358名のサークルで、100名超出席の会をなしえたのだと感じています。
また、本学教職員をはじめ、学内外の多くの関係者の皆様方に支えていただきながらの50周年だと感謝しています。本当にありがとうございました。

広島修道大学少林寺拳法部
OB会長 渡谷真一


学長祝辞


奉納演武


団体演武


演武出場者