お知らせ

合気道部創部50周年記念事業のご報告

合気道部創部50 周年記念事業の報告

 

平成30 年9 月8 日(土)に合気道部創部50 周年記念事業(演武会. 合同稽古・祝賀会)を実施しました。
演武会では、演武者が日頃の成果を発揮し、多数のOB·OG 、所属の広島合気会関係者、ご家族など、予想を上回る方々に観覧いただきました。

合同稽古は、演武者に加え各地から集まったOB·OG が参加し、県立体育館の武道場全面をいっぱいに使うほどの盛況ぶりで、いい汗を流すことができました。
祝賀会は、三上学長、松井同窓会長ご臨席のもと、来賓、幅広い世代のOB·OG が参加し、総勢86 名の参加となりました。久しぶりに顔を合わせた方が多く、まさに同窓会の様相を呈していました。また、三上学長、松井同窓会長にも気さくにお話をしていただき、多数の参加者にとって素晴らしいひと時が得られ、大変有意義な会であったと思います。

本事業につきましては、昨年の12 月より学生とOB·OG が何度も打ち合わせを重ね開催に到った次第です。特に演武会は平成5 年に開催しました「創部25 周年記念演武会」以来25 年ぶりの実施となり、演武はもとより会の準備・運営について学生とOB·OG が、それぞれの意見を出し合い真剣に取り組みました。運営に携わった方々には大変な思いをさせたと思いますが、終わってみれば、「よくやった やって良かったと」いう気持ちでいっぱいです。

次は55 周年ですが、初代から始まった絆を次の世代に繋いでゆかねばなりません。
そのためにも、合気道の理念である「和合」の精神を追求し、日々の稽古を重ね修練することが大切なことだと思います。これからも学生共々l 日を大切に取り組んで参ります。

最後に、本事業に対し多大なるご支援を賜りました、広島修道大学、同窓会、広島合気会、OB·OG 会の方々に心より感謝申し上げます。どうもありがとうございました。

平成30 年9 月日11日

合気道部OB·OG 会
副会長 中田 猛